さよなら ソニー PS4750


もしパイオニアのXL1550が修理不能だった時の代用品として確保していたこちらのソニーですが、結局手放してしまいましたとさ。
どのみち3台もプレーヤーがあっても置き場所がないし、パイオニアが何とか直ったので、良いかと思って処分することに。
ヤフオクに出したものの、当時から不人気だったのかな…定価は53800円だったか、当時の物価から考えれば結構なお値段ですが、見た目があまりにトリッキーなのか、お値段上がらず落札した金額を下回り2100円でさようならと言うことに。結構頑張って掃除とかしたんだけどな~。でもまあ、どの道いらなくなってしまったし、しょうがないね。
手放した理由は2つ。アームの軸にガタがあったこと、そして素材がどうしても好きになれなかったこと。プラッターから筐体まで、全部プラ製なのですね。多分素材にはメーカーのこだわりがあるのでしょうが、どうも所有する喜びと言う観点で見てしまうと、イマイチだなあと。あともう一点あげるとしたら、モーターがブラシレスじゃなかったこと。珍しいですね。他の同世代のダイレクトプレーヤーはみんなブラシレスなのに。
でも、PS4750は良かったところもあるのですよ。まず、他の機種と違ってケーブルの交換が簡単。ヤマハYP-D71とパイオニアXL1550はケーブル直出しなのに対して、これはジャックつき。好きなRCAケーブルに簡単に取り替える事ができます。あと、なぜか金属パーツが錆びてない。値段はライバル機種よりやや安いですが、アルミの素材などは一番良いと思います。ちゃんとメンテしてやればソコソコ鳴ってくれそうなのは間違いないと思うのです。
他の二台のプレーヤーは元気に動いてます。

もっと凝っている方からしたらとんでもないセッティングなのは承知の上ですが、これでもハウリングは起きてないし、これでも奥行きや広がりもまあまああるのですよ。アトリエのBGMにはこれでもオーバークオリティですわ。
でも、パイオニアの筐体の木目の剥がれがどうしても気になって、ついに手ごろな天然木の突き板材を見つけたので、それを貼ってやろうと今到着を待っている状態。木の種類はチークです。これしか在庫がなくて…でも、確か前のモデルのPL1400はチークの突き板仕様だったと思うので、そんなに違和感はないと思うのね…でも、上手く貼れるかな~。上手く貼れたら高級感も出てますます良さげになりそう~。
スポンサーサイト
プロフィール

MF ART

Author:MF ART
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR